レンタマは高い?安い?レンタル料金を徹底調査!

今回はスマホサブスクリプションサービスの「レンタマ」の料金は高いのか安いのかについて徹底的に調査していきます。

「スマホのレンタルと購入するのはどっちがお得なのか」
「レンタル料金以外に必要な費用ってあるの?」
「もちろん料金だけじゃなくサービスにも注目したい」

このような疑問に答えていきます。

レンタマはどんなサービス?

レンタマtop|サブスクセイカツ

まずはレンタマがどんなサービスなのかを軽く解説しておきます。

レンタマは株式会社アレックスが運営する、スマートフォンのサブスクリプションサービスです。

レンタルできるスマートフォンはすべて新品のみとなっており、スマートフォンレンタルすることは、スマートフォンを利用する際の「2年縛り」から脱却できる点が非常に大きなポイントとなっています。

そのため、機種を自由に変更できるため、毎年新製品が登場するiPhoneユーザーの方にはおすすめのサービスとなっています。

レンタマは高い!?

びっくり|ガジェットレンタルナビ

まずはレンタマで取り扱っている商品から確認していきましょう。

レンタマはスマートフォンのサブスクリプションサービスですので、主に取り扱っているのはスマートフォンのみとなっています。

以下は取り扱っているスマートフォンの一覧です。

AppleGoogleHUAWEI
OPPOSAMSUNG

レンタマでは「iPhone」と「Android」の両方を取り扱っていますので、それぞれ確認していきます。

iPhone

レンタマでは以下のiPhoneを取り扱っています。

取り扱いiPhone
  • iPhone13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
  • iPhone12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
  • iPhone11 / 11 Pro / 11 Pro Max
  • iPhoneSE 第2世代
  • iPhoneXR
  • iPhoneXS / XS Max
  • iPhone8 / 8plus

まずは月額レンタル価格が最安となっているiPhone8から見ていきましょう、と思いましたが現在はサーバーエラーとなってしまい、レンタルすることが出来ない状態となっています。

そのため、まずはiPhoneSEを確認していきましょう。

iPhoneSE 64GB RED 第2世代|ガジェットレンタルナビ

iPhoneSEのレンタル価格は12カ月間が最低利用月数となっており、月々2,980円でレンタルが可能です。

iPhoneSEの新品の本体価格は2021年11月時点で55,000円程度となっており、12カ月支払った場合は35,760円と購入した場合の6割程度の支払いで1年間利用できます。

iPhoneは毎年新製品が登場するため、毎年新しい機種に交換したい方には非常にお得と言えるでしょう。

続いて現在レンタルできる製品の中で一番高級なiPhone12 Pro Maxを確認してみます。

iPhone12 Pro Max|ガジェットレンタルナビ

iPhone12 Pro Maxの月額料金は6カ月を最低利用期間とする場合は9,480円、12カ月を最低利用期間とする場合は6,980円です。

iPhone12 Pro Maxの新品の本体価格は2021年11月時点で13万円程度となっており、12カ月支払った場合は83,760円とこちらも購入した場合の6割程度の支払いで1年間利用できます。

さらに13カ月目からは4,980円と月額料金が引き下げられるため、1年と少し利用する場合でもお得に利用が可能です。

やはり、iPhoneは毎年新製品が登場するため、毎年新しい機種に交換したい方には非常にお得と言えるでしょう。

特にレンタマでレンタルできるアイテムはすべて新品のため、購入した場合と比較しやすいサービスと言えるでしょう。

続いてはAndroidをレンタルした場合の料金を調査していきます。

Android

レンタマでは以下のAndroidを取り扱っています。

取り扱いAndroid
  • Google Pixel 4 / Pixel 4 XL
  • HUAWEI Mate Pro
  • HUAWEI P30 / P30 Pro / P30 lite
  • OPPO RENO A
  • SAMSUNG Galaxy S10

まずはGoogle Pixel 4から確認していきます。

Google Pixel 4 64GB|ガジェットレンタルナビ

Google Pixel 4のレンタル価格は12カ月間が最低利用月数となっており、月々4,980円でレンタルが可能です。

しかし、2021年10月時点ではGoogle Pixel 4の新品はUSモデルのみしか新品で販売されていませんでしたが、価格は約9万円と発売当時の価格と同じです。

新品で購入した場合は9万円ですが、月額レンタルで12カ月支払った場合は59,760円と購入した場合の66%程度の支払いで1年間利用できます。

ただし、現在はGoogle Pixel 6が本体価格も75,000円程度で販売されているため、わざわざ旧型のGoogle Pixel 4を購入する必要はないかもしれませんね。

続いてHUAWEIのP30を調査していきます。

HUAWEI P30 128GB|ガジェットレンタルナビ

HUAWEI P30のレンタル価格は12カ月間が最低利用月数となっており、月々3,980円でレンタルが可能です。

HUAWEI P30の新品の本体価格は2021年11月時点で60,000円程度となっており、12カ月支払った場合は47,760円と購入した場合の8割程度の支払いで1年間利用できます。

2021年にはP50が発売間近となっているため、やはりGoogle Pixelと同様に新機種の追加が望まれます。

続いてOPPOのReno Aを調査していきます。

OPPO Reno A 64GB|ガジェットレンタルナビ

OPPO Reno Aのレンタル価格は12カ月間が最低利用月数となっており、月々2,480円でレンタルが可能です。

OPPO Reno Aの新品の本体価格は2021年11月時点で23,000円程度となっており、12カ月支払った場合は29,760円と購入した場合よりも高額になってしまいます。

そのため、OPPO Reno Aをレンタルするのであれば他のスマートフォンをレンタルしたほうが無難と言えるでしょう。

最後にSAMSUNGのGalaxy S10を調査していきます。

Galaxy S10 128GB|ガジェットレンタルナビ

SAMSUNG Galaxy S10のレンタル価格は12カ月間が最低利用月数となっており、月々4,480円でレンタルが可能です。

SAMSUNG Galaxy S10の新品の本体価格は2021年11月時点で70,000円程度となっており、12カ月支払った場合は53,760円と購入した場合の75%程度の支払いで1年間利用できます。

S10も少し前のスマートフォンとなりますが、まだまだ販売もされているためAndroidをレンタルするなら選択肢の1つとして十分考えられるでしょう。

料金以外に掛かる費用は?

コスト|ガジェットレンタルナビ

レンタマで実際にスマートフォンをサブスクリプションした際の、レンタル料金以外に必要となる料金について調査していきます。

送料について

レンタマではレンタルする際の配送料や返送するための送料は一切かかりません

商品の返却時には同封されている着払いの伝票を利用することで、無料で返送することが可能です。

商品の返送はヤマト運輸の集荷依頼を行うか、ヤマト運輸の営業所に持ち込む方法のほかに、コンビニでの返送も可能です。

レンタマは1カ月ごとのサブスクリプションサービスですのでそこまで意識する必要はありませんが、コンビニから返送する場合は返却期日の23時59分まで利用することが可能です。

ぎりぎりまで商品をレンタルできるという特徴もあります。

キャンセルについて

レンタマではキャンセルについては以下の通り定められています。

サービスの商品特性上、返金・キャンセルについてはお受けできません。期間の短縮については、短縮した日数分返金に応じます。月額の場合は月数によって月額が変わるので、月額の差分も含めて請求させていただきます。

こちらは過去に行われていたスマートフォン以外のレンタルサービスの名残でしょう。

現在は月額レンタル(サブスクリプション)のみとなっています。

延長料金・延滞料金について

レンタマはサブスクリプションサービスのため、延長料金や延滞料金は存在していません。

解約を申し出ない限りは自動更新となっていきます。

中途解約について

レンタマでは利用期間を待たずに中途で解約することも可能です。

途中解約する場合は1つ下のプランの適用され差額をお支払いただきます。
例えば、 最低利用月額12ヶ月を4,480円/月で支払っている途中の10ヶ月で解約する場合、1つ下のプランが適用されます。1つ下のプランが6ヶ月4,980円/月だった場合、差額500円×10ヶ月の5,000円をお支払いだきます。

例をあげてみると?

レンタマ商品|ガジェットレンタルナビiPhone12 Proを12カ月レンタルした場合を考えてみましょう。

iPhone12 Proはを12カ月レンタルする場合の月額料金は、月額6,480円と定められています。

10カ月になった時点で解約したいと考え、解約手続きを取った場合の解約手数料は以下の通りです。

iPhone12 Proを6カ月レンタルする場合の月額料金は月額8,480円となっています。

8,480円 – 6,480円 = 2,000円が1月当たりの差額となり、10カ月間レンタルしていましたので

2,000円 × 10 = 20,000円 が解約手数料となります。

つまり、最低利用期間が12カ月のところを10カ月で打ち切るため、最低利用期間が6カ月の料金が採用されます。

レンタル期間中の補償について

レンタマでは、まずは壊れてしまった場合はサポートセンターまで連絡する必要があります。

その後、修理費用が確定したら修理費の10%を支払う必要があります。

修理費90%はレンタマが負担してくれますので、非常にありがたいサービスと言えるでしょう。

レンタマの料金まとめ

まとめ|ガジェットレンタルナビ

スマートフォンサブスクリプションサービスの「レンタマ」の料金面から調査しました。

レンタマでは特にスマートフォンの中でも「iPhone」に力を入れており、常に新機種を使いたい方には非常におすすめのサービスとなっています。

レンタマを賢く利用して、快適な生活を始めてみませんか?



ABOUT US

ナナミガジェットレンタルナビ管理人/サブスクセイカツ編集部
ガジェットのレンタル・サブスクリプションサービスを紹介しています。 FP(ファイナンシャルプランナー)2級を所持しており、現代の生活に合った「持たない暮らし」を提案しています。